障害者スポーツ

という言葉があるが、わたしはあまり好きな言葉ではない。

ふわっとした表現になるが、スポーツはスポーツだろって。

選手たちは障害者であるが、素晴らしい技術をもつアスリートだ。

巧みな操作能力があり、その能力をもつ者だけができる繊細なボールコントロールを可能にする。

でも、社会は障害者というフィルターを通して、選手や競技を観ているような気がする。

だから障害者スポーツなんて言葉があるんじゃないかなんて。

わたしはこの競技をスポーツとして魅せていきたい。

執筆:嶋田慶一